1.09.2011

アーサー・ラッセル10”sold out!

先週、Arthur Russell "Ballad of the Lights"売り切れました!thank you!.
次のアーサーのプロジェクト、今年中に発売できれば良いです。今度はもっとアナログなメディアで展開予定です。

昨年からエンジニアになる訳ではないが、本格的にアナログレコード製作について、いろいろ勉強をしつづけているのですが、音圧と収録時間の兼ね合いにつての勉強は現場でたたきこまないと最終的に答えが解らないですね、、、。小さい壁にぶち当たりました。

で、あと何年か先になるか解りませんが(出会いとタイミングしだいですが)最終的にシルクスクリーンの工房や陶芸の工房や染め物や織物の工房みたく、アナログ・レコード製作できる工房を作って、一般に解放できれば面白い実験工房になるなと思っています。
昨年香港の知り合いの印刷所のボスに、香港の中古機械を扱う会社にアナログレコードのプレス機がどかにないか聞いてもらいましたが、無いとの返事、もう機械の鉄が溶かされてリサイクルされて違う製品になっているのでしょうかね中国で、、、。こんどは台湾で探してもらいます。

で、工房つながりで、昨年末聞いた話ですが、ソフトビニール人形を製造できる工房がいよいよアメリカ本土にできたようで、日本や中国に頼らず、アメリカで製造ができてしまう!ソフビ製造できる機械をたぶん中国からアメリカに持ち込んだと思うのですが、少ないロットでアート系のソフビが作れるようです。一般に解放された、面白い工房になって欲しいです。こんな工房が世界に沢山できれば、また違ったTOYマーケットができると思うのですが。

まあ、アナログ・レコード製作できる工房は先は長いと思いますが形にしたいですね。作ったら音楽シーンの何かが変わると思っています。

人生は短いので、早く行動しないとね。