4.30.2011

連休か、、、



漫画の入稿最終だったり、進行中のプロジェクトの指示出しなどでなかなか休めないもんですね。

写真は先日アメリカの印刷所から送られてきた、もう少しで発売予定の音楽家坂田明さんライブ・アルバム・レコードジャケ。これはレタープレス(手刷りの活版印刷)で印刷しています。試し刷りのサンプルも今回で2回目、今回送られてきたジャケ印刷はバッチリでした。白の味わいがあるアメリカのマット紙にインクはパントーン社の黒インクに気持ち白とシルバーを混ぜて、1色で凸凹に手刷りで刷られた活版印刷はすごい良いです。活版印刷はDEXTERITY PRESSのジェフ・ミューラーが担当。
タイトルロゴとイラストはトータスのジョン・ヘーンドンが書き下ろしました。
ぱっと見ですが、80’sハードコアー・パンクのジャケのようですが、中身はフリージャズ/インプロです!
裏ジャケには坂田さんがこのアルバムについての単文を書き下ろしてくれてますが、その文章にも書かれていますが、『最終的にはクオリティーだよ』と言うことです。この2枚組のアナログ・レコード良いクオリティーの作品になると思いますので、もう少しお待ちください!宜しくです!

"In a babble"